ネット動画の有用性

Posted by borgarhjol.net | | 月曜日 19 8月 2013 5:42 AM

ネット動画が日本を席巻してからしばらく経ちます。
今では、テレビメディアよりもネット動画の方が、情報が早くて変な編集が入らずに視聴できるという意見もあります。

但し、ネットも玉石混交の世界なので、その情報がちゃんと信用にたる情報かどうかは視聴した当人のリテラシーによります。
今や、インターネットという技術によって、「参加生」と「即時性」が絶えずユーザーから求められる時代となったのです。
これは、何もニュースや、個人の投稿動画だけの話ではありません。それは、企業の広報動画や、CMにもそれは波及しています。

話題になるようなCMをネットに配信すれば、勝手にユーザーが流行らせてくれる時代なのです。
企業としては、この潮流に乗らないわけにはいきません。従って、ネットを活用した動画配信が今は企業にとってもっとも有効な販促ツールの一つとなっているのです。
単に、アップロードしては、ダウンロードされてしまうのでストリーミング再生をオススメします。
特に、サーバーはデータセンターの物を活用しましょう。データセンターのサーバーは、情報の秘匿性や設備の堅牢性も安心です。
いくらストリーミング配信するからといっても、ユーザーの誰にでも誰にでもダウンロードされるのは、いけませんね。従って、データセンターのサーバーを利用してストリーミング配信することに意義があるのです。

まず、ストリーミング自体が、通常のアップロード方法と違って、ダウンロードがしにくいという利点があります。
また、データセンターの設備は、秘匿性という点で優れています。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。